GIANT 2020年モデル:サドルがユニクリップシステム対応になった27.5インチクロスバイク「GRAVIER」


GIANT(ジャイアント)が、27.5インチクロスバイク「GRAVIER(グラビエ)」の2020年モデルを発表しています。女性向けブランド「Liv(リブ)」では、同様の構成をもつ「GRAMME(グラム)」が用意されています。

●GIANT GRAVIER

photo_ジャイアント

2013年秋に2014年モデルとして初代が発表された「GRAVIER」。改良が加えられながら6年弱が経過し、すっかりGIANTの定番モデルとなりました。



登場以来一貫しているのは「27.5インチタイヤを採用している」ということ。現行モデルでは45mmと、街乗りスポーツ自転車としてはか幅広のタイヤが標準装備されており、空気量の多さを生かした快適な乗り心地を味わうことができます。フラットダートなどもお手の物です。

photo_ジャイアント

2020年モデルでは、サドルがクッション性を高めた新設計のものに変更され、GIANT純正のテールライトやサドルバッグトいったアクセサリーをスマートに取り付けできる「UNICLIP(ユニクリップ)システム」も採用されています。

photo_ジャイアント
photo_ジャイアント

フレームサイズは430(XS)、465(S)、500(M)、555(L)mm。価格は54,000円(税別)です。

製品情報: 2019 Giant Bicycle [GRAVIER (2020 NEW)]

●Liv GRAMME

photo_ジャイアント

Livブランドから発売されるGRAMMEは、GRAVIERの女性向けバージョンです。GRAVIERと同様に、27.5インチで45mm幅のタイヤを採用し、高い安定感とすぐれた乗り心地が特徴です。

photo_ジャイアント
photo_ジャイアント

サイズは350(XXS)、400(XS)、440(S)mmの3種類を用意。価格は54,000円(税別)です。

製品情報: Liv Cycling [GRAMME (2020 NEW)]

(Gen SUGAI)