空気が少ない状態でも長持ちするブリヂストンのシティサイクル向けタイヤ「LONGREAD」


ブリヂストンサイクルは、タイヤの空気圧が不足した状態でもパンクのリスクを低くするシティサイクル向けタイヤ「LONGREAD(ロングレッド)」を、2017年8月上旬より発売すると発表しています。

図_ブリヂストンサイクル

同社の調査によると、都内在住の20代女性のうち約6割は、自分で自転車のタイヤに空気を入れたことがないとのこと。そもそもメンテナンスに対する関心が低く、空気圧低下による摩耗やひび割れ、パンクといったトラブルに見舞われる原因になっているようです。

photo_ブリヂストンサイクル

LONGREADでは、空気圧が下がった際タイヤに生じるひび割れ発生を抑制するために、柔軟でしなやかなコンパウンドを新たに採用しています。そしてタイヤ内面を滑らかにするチューブガード構造を採用し、内部でチューブと擦れることによる破損や劣化を防止。タイヤの適切な交換時期がわかるように、摩耗インジケーターも採用しています。

オープン価格で、2017年8月上旬発売予定。サイズラインナップは下記リンク先でごらんください。

ブリヂストンサイクル株式会社(社長:関口匡一)は、タイヤに空気を十分に入れない状況下で起こる“低空気圧走行”に強い仕様の一般自転車向けタイヤ「LONGREAD(ロングレッド)」を8月上旬より全国の販売店を通して新発売いたします。

情報源: <空気が少なくなった状態でも長持ちする> 一般自転車向けタイヤ「LONGREAD(ロングレッド)」新発売 〜新コンパウンドと独自トレッドパターンにより、耐ひび割れ性能を大幅アップ〜|ニュースリリース 2017 |ブリヂストンサイクル株式会社

しかし、LONGREADを使用しても、空気圧が低いと起きやすい「リム打ちパンク」を防ぐのは難しいでしょう。

やっぱり本命は↓これ?

photo_ブリヂストンサイクル

シティサイクルにおいては、同社が現在開発中である「エアフリーコンセプト」の実用化が待たれますね。

関連記事: 2019年実用化を目指す:ブリヂストンとブリヂストンサイクルが次世代自転車タイヤ「エアフリーコンセプト」の開発を発表 – CyclingEX

関連記事: 空気が少なくなった状態でも長持ちする一般車向けタイヤ「ブリヂストン LONGREAD」 – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)