CANNONDALE 2017年モデル:デザインを一新したシクロクロスバイク「SUPERX」と「CAADX」


CANNONDALE(キャノンデール)の2017年モデルでは、「SUPERX CARBON 105」と「CAADX TIAGRA」というふたつのシクロクロスモデルがあります。「SUPERX CARBON 105」では新たに、MTBに投入されていたAi(アシンメトリックインテグレーション)オフセットドライブトレインが採用されています。

●SUPERX CARBON 105

superx-profile

フロントフォークの柄が印象的な、フルカーボンのシクロクロスバイク「SUPERX CARBON 105」。422mm(ジオメトリー図上は43cm)という短いチェーンステーにより、登坂時の優れたトラクションを実現。そして緩やかなヘッド角と55mmのフォークオフセットにより、高速性能と安定性、そして素早いハンドリングも実現しているとのこと。

c17_superx_ai_661

ドライブトレインを6mmオフセットしたAiテクノロジーにより、スポークアングルとテンションが左右で均等化されています(ただしこの構造によりホイールの選択肢が狭まります)。

サイズは46、51、54、56、58cm、価格は350,000円(税別)です。

●CAADX TIAGRA

c17_c16407m_agr

「CAADX TIAGRA」は、Aiテクノロジーこそ採用しないものの、SUPERXと同様のジオメトリーを採用したアルミフレームのシクロクロスバイクです。SPEED SAVEと呼ばれる扁平したシートステー/チェーンステー/フロントフォークにより、振動吸収性能とトラクション性能を高めています。

c17_caadx_fender_405

シクロクロスレース以外でも日常的に使用されることを念頭に置いており、シートステーに脱着可能なフェンダーマウントが備わっています。

サイズは46、51、54、56、58cm、価格は140,000円(税別)です。

リンク:キャノンデール

(Gen SUGAI)