オンラインサイクリング「Zwift」のiOS版βが2016年9月に登場

オンラインゲームのテクノロジーを用い、世界各国のライダーたちと同時に同じコースを共有して走る「Zwift」に、いよいよiOS版が登場します。まずは来月(2016年9月)に招待制のβテストが行われる予定です。

zwift-ios-3

Zwift(ズイフト)では、いわゆるローラー台とバイク、そしてANT+またはBluetooth対応のセンサー、またはセンサーを搭載したスマートローラーなどと呼ばれる3本ローラーや固定ローラー(ELITE REAL E-Motion、REAL TURBO MUIN Smart B+等)を使用し、コンピューターの画面に3D映像を映し出してバーチャルサイクリングを楽しむことができます。

zwift-ios-2

これを、コンピューターなしでiPadやiPhoneを使い、より手軽に利用してもらおうというのが、iOS版開発の意図のようです。

製品版は、(PC版と同じく)月額10ドルで提供される予定とのこと。

リンク: Zwift – インドアサイクリングを最高に面白く。



(Gen SUGAI)



投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。