BRI-CHAN:クラシカルな「CHeRO」のカンチブレーキに注目してみました


ブリヂストンサイクルのカジュアルなライン「GREENLABEL」の中でも、ひときわクラシカルな雰囲気を持っているのが「CHeRO(クエロ)」。

DSC06203

上の写真は、CHeROのベーシックモデル、「CHeRO 700C(8段)」です。

情報源: chero|BRIDGESTONE GREEN LABEL

DSC06211

スレッドステムやダウンチューブに付けられた変速レバー、ワイヤーを留めるバンドなど、マスプロメーカーの自転車としてはなかなか思い切っています。

さて、700Cモデルは32Cと太めのタイヤを履いてる、このCHeRO。

DSC06215

ブレーキは、太めのタイヤと相性が良い「カンチブレーキ(カンチレバーブレーキ)」が採用されています。

よく「カンチブレーキは効かない」という話を聞きます。それには構造上の理由があって、確かにクロスバイクで一般的なVブレーキと比較すると、絶対的な制動力では劣ります。とはいえ、CHeROのカンチブレーキは思いの外と言ってはなんですが、十分に効くのです。

それにはちゃんと理由があって……という話を、CyclingEXの姉妹サイトでブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN」に掲載しました。

リンク: CHeROのカンチブレーキがしっかり効く理由 – BRI-CHAN

興味のある方は、ぜひごらんください。

(Gen SUGAI)