【PR】プロショップで始めるロードバイクライフ:ロードバイクとはどんな乗り物か(2)


Rbl2012_m

●ドロップハンドルと変速レバー

ロードバイクと言えばドロップハンドルです。ハンドルだけを見るとこんなかたちをしています。

01_b_001

シティサイクルと比べると独特なカタチをしていますね。しかし、下の写真を見ればわかるように、いろいろな場所を握ることができるんです。

01_b_002

前の選手はハンドルの下を、後の選手はハンドルの上を握っています。さらにハンドルのいちばん手前の部分を握ることもできます。いろいろな場所を握ることができるということは、長い距離を乗るときに姿勢を変えることができ、結果として疲労が軽減されます。そう、ロードバイクは「長い距離を乗っても疲れにくい」自転車でもあるのです。

ロードバイクは変速機も変わっています。ブレーキレバーと変速レバーが一体になったものが主流です。

01_b_003

慣れると素早いシフト操作ができますよ。

変速機は、前のギアが2段か3段、後のギアは8段〜11段が主流です。いちばん多いのは10段ですね。

←前のページに戻る

[PR]私たちがロードバイクの世界へご案内します!

松戸:ベロシステノブ町田:たかだフレンド川越:シクロガーデン

ベロシステノブ たかだフレンド シクロガーデン

目次へ戻る