Mt.富士ヒルクライムを「走ってこなかった」

週末に2つの「個人タイムトライアル」レースがあったことは書きましたが、もうひとつ大きなイベントがありました。それが「第3回 Mt.富士ヒルクライム」。ヒルクライム大会は個人タイムトライアルの側面がありますね。また、参加車種はやはりロードバイクが多いようです。

そんなMt.富士ヒルクライムに私もエントリーしていたのですが、あいにくの雨模様だったのでDNSとなりました。走ろうと思えば走れるのは確かですが、上るより下るときの雨や寒さが心配だったので、そう判断しました。走った人の中には、辛い下りも「いい思い出」として残っている人も多いと思います。ただしそれは「危険と隣り合わせ」であることを知っておいても、たぶん損はないでしょう。

(SUGAI Gen)

作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。