橋川健が優勝 – 実業団飯田ロード

10月16日(日)に飯田市の天竜峡周辺で開催された「全日本実業団サイクルロードレースin飯田」は、キナンCCDのベテラン、橋川健選手が2位に40秒差をつけて優勝した。キナンCCDは、今季チーム2勝目。2位にはアンカーの清水裕輔、そして3位には鹿屋体大 B.R.T.2004の中島康晴が入った。実業団連盟のWebサイトにリザルトが掲載されている(今回は早いな!)。

リンク: TOPページ – 全日本実業団自転車競技連盟.

作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。