第9回 ツアー・オブ・ジャパン 富士山ステージ

リンク: 9th TOUR OF JAPAN 第4ステージ リザルト

99年に日本で開催されたアジア選手権タイムトライアルで優勝している、カザフスタン人のアンドレイ・ミズロフ(所属:カペック)。そのミズロフが、厳しい山岳TTの富士山ステージを制しました。日本人選手では、シマノ・狩野智也の7位が最高。日本有数のクライマーとしての存在感は見せたと言えるでしょう。個人総合は引き続きカルデナス。日本人最高は、富士山ステージでタイムを失った愛三の別府匠から狩野智也に移りました(総合7位)。

作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。