SPECIALIZED SEQUOIA ELITEで里山に「ごめんください」

先日の記事でも少し触れましたが、ゴールデンウィークはSPECIALIZED(スペシャライズド)の「SEQUOIA ELITE」をお借りして里山をグルグルと周っていました。

クロモリフレームにドロップハンドル、そして太いタイヤに油圧ディスクブレーキという組み合わせは、荒れた舗装とアップダウン、そしてときにはダートも通るような里山サイクリングにもぴったり。

のんびりとしたペースでも、十分に楽しめます。

砂利道では安定感があって、コントロールもしやすいです。

ふつうのロードバイクよりは重たいですが、ちゃんと進んでくれるバイクなので、川沿いのサイクリングロードをそれなりのペースでクルージングするもよし。スピードが出れば楽しくて爽快なんだけど、ゆっくりでも楽しい——というレンジの広さは魅力的です。こんなバイクで里山におじゃまする週末も、悪くないでしょう。

最初は見た目やスペックから走りがイマイチ想像できず、持ってみても軽くはないので「どうなんだろう」と思いましたが、いろいろ可能性を感じる1台です。借りておいてなんですが、似たようなコンセプトで作られた他メーカーのバイクも、いろいろ試してみたいところ。

価格は230,000円(税別)。残念ながら2017年モデルはすでに在庫が極めて少なくなっているようです。

製品情報は下記リンクからどうぞ。

SEQUOIA ELITE CALWHTSG/GRPH 50(50 カリフォルニアホワイトセージ/グラファイト): BIKE|スポーツバイク用品の通販サイト|スペシャライズド・ジャパン

関連記事: 手付かずではないからこその魅力 – CyclingEX

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです