2017年6月4日(日)まで「自転車の世紀 ―誕生から200年、新たな自転車の100年が始まる― 展」

茅ヶ崎市美術館において「自転車の世紀 ―誕生から200年、新たな自転車の100年が始まる― 展」が、2017年6月4日(日)まで開催されています。

天才的な発明家たちのアイデアにより自転車が形作られて、まもなく200年になろうとしています。19世紀以来、自転車は人の移動の概念を常に革新してきました。

情報源: 茅ヶ崎市美術館|展覧会|茅ヶ崎市制70周年記念 自転車の世紀 ―誕生から200年、自転車の新たな100年が始まる― 展

会場の茅ヶ崎市美術館は「高砂緑地」の中にあります。茅ヶ崎駅から歩いて10分弱といったところ。

展示室の入り口ではオーディナリーがお出迎え。

現代の自転車の基礎となったセーフティ・バイシクル(安全型自転車)。

今野製作所・ケルビムの「ハミングバード」も展示されていました。

掲載はしませんが、個人的には昔のポスターが良かったです。

展示は撮影可能となっています。

月曜日は休館です。詳細は下記リンクからどうぞ。

リンク: 茅ヶ崎市美術館|展覧会|茅ヶ崎市制70周年記念 自転車の世紀 ―誕生から200年、自転車の新たな100年が始まる― 展

なお「自転車の世紀」は、下記日程で巡回予定です。

郡山市立美術館:2017年7月22日(土)~9月24日(日)
佐倉市立美術館:2017年10月28日(土)~12月17日(日)

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like