サイクルヨーロッパジャパンがBIANCHI 2017年モデルの情報をWebサイトで公開

サイクルヨーロッパジャパンが、BIANCHI(ビアンキ)の2017年モデルをWebサイト上に掲載しています。個人的に、クラシカルな2モデルに注目してみました。

●SELVINO VELOCE 10SP

17-selvino-celeste-classico

情報源: Bianchi | ROAD | SELVINO

コロンバスのクロモリチューブを使用したロードバイク。ラグ付きでねじ切りフォーク仕様のフレームや、ブルックスのB-17サドル、トゥークリップ、ダウンチューブに設けられたダブルレバー、さらには触角のように突き出したワイヤーなどがクラシカルな雰囲気を演出しています。コンポーネントはカンパニョーロ・ベローチェ(リア10速)ですが、クランクセットはレトロデザインのもの(Andel)が使われているのもポイント。

価格は173,000円(税別)です。

●MINIVELO-10 DROP BAR VELOCE

17-minivelo-10-drop-bar-1-celeste-classico

情報源: Bianchi | CITY | MINIVELO-10 DROP BAR

SELVINOをミニベロにしたかのような、クラシカルなデザインが魅力の「MINIVELO-10」。2016年モデルではアルミフレームだったのが、2017年モデルではクロモリチューブになりました。カンパニョーロ・ベローチェ仕様で、価格は147,000円(税別)です。ちなみにシマノ・ティアグラ仕様もあって、そちらの価格は120,000円(税別)。

BINACHI 2017年モデルの詳細は、オフィシャルサイトでどうぞ。

情報源: Bianchi

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです