よりスマートになって登場したキャノンデールのクロスバイク「QUICK」2017年モデル

キャノンデール・ジャパンが、クロスバイク「QUICK」の2017年モデルを発表しています。フレームデザインが一新され、フィットネスライドのための性能を追求。光に反射するリフレクトデカールの採用といった工夫もあります。

2016年6月より「QUICK 4」を先行販売。価格は77,000円(税別)です。

unspecified-5

ニューQUICKを表すキーワードは、VISIBILITY、CONTROL、COMFORT、そしてSPEED。この4つについて、キャノンデールは次のように説明します(プレスリリースより引用)。

【VISIBILITY】
QUICKは、フレームの各所に配置されたグラフィックはリフレクトデカールとなっており、夜間走行がより安全になるようにデザインされております。また、すべてのモデルにリフレクティブサイドスキンタイヤをスペックしております。

unspecified-4

【CONTROL】
直進安定性と敏捷性に優れたアウトフロントステアリングジオメトリーによって、より自然かつ快適なライディングポジションを特長とし、非常に安定したライドフィールを味わえると同時に、遊び心に満ちた機敏さも提供されます。

【COMFORT】
快適性能とコントロール性能を最大にするために、QUICKのスマートフォームC2アロイフレームは、キャノンデール独自のSAVEマイクロサスペンションを特長としています。

unspecified-3

これは、リアトライアングルのフレックスゾーンのシステムであり、荒れた路面での衝撃を吸収し、振動を軽減します。加えて、最も重要とされる快適性を提供するために、すべてのQUICKにエルゴノミックグリップとプレッシャーリリーフシャーリリーフチャンネルの付いたサドルがスペックされ、同様にラックおよびフェンダーマウントがついており、様々なシチュエーションで安心して乗ることが可能です。

【SPEED】
30年以上に及ぶキャノンデールのフレーム製作における専門知識とテクノロジーがありとあらゆるフレームに活かされているため、QUICKはクラス最軽量のバイクとなっており、持ち運びしやすく、そして軽快なペダリングを実現します。

先行販売されるQUICK 4は、3色展開。

unspecified-2

Charcoal Grey。

unspecified

Acid Green。

unspecified-1

Anthracite。

サイズはS、M、L、XLの4種類です。

真横からのカタログ写真で見るとシンプルなデザインになったように見えますが、相変わらず凝った作りでショック吸収性能を狙ったリア三角、ワイヤー内蔵、1 1/4″- 1 1/8″のテーパーヘッド&カーボンフォークの採用など、見どころの多いモデルチェンジとなっています。タイヤサイズは、2016年モデルに引き続き、700×30Cです。

詳しくはキャノンデール・ジャパンのWebサイトでどうぞ。

リンク:キャノンデール・ジャパン

関連記事: あなたにおすすめなのはどのタイプ?2016年モデル版・初心者のためのクロスバイクの見分け方・選び方 – CyclingEX

関連記事: [2016-2017年版]タイプ別おすすめクロスバイクはコレ! 注目モデル18台 – CyclingEX

(Gen SUGAI)




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like

One thought on “よりスマートになって登場したキャノンデールのクロスバイク「QUICK」2017年モデル

Comments are closed.