ポタリング用に欲しいミニベロ2016年モデル7選

雰囲気のある里山の古道をポタリングしていると「クロスバイクやロードバイク、MTBもいいけど、ミニベロでのんびり走しるのもいいな〜」と感じることがあります。誰にも(そして自転車にも)急かされることなく、そして周囲にも威圧感を与えないミニベロが欲しい——というわけで、私が「おすすめされたい」ミニベロを7モデルを紹介します。

●BIANCHI MINIVELO-8 DROP BAR

MINIVELO-8_DROP_BAR

ミニベロのラインナップも豊富なビアンキ。この「MINIVELO-8 DROP BAR」は、アルミフレームですがクラシカルなルックスにシルバーのフェンダーを標準装備し、ツーリング車っぽい雰囲気を持っています。ミニベロながら、48/52/54と3種類のサイズを用意しているのも特徴です。

タイヤサイズ:20×1-1/8
価格:84,000円(税別)

情報源: Bianchi | BIKES | URBAN | MINIVELO | MINIVELO-8 DROP BAR

●FUJI HELION R

HELION_R

細身のクロモリフレームによる昔のロードレーサーっぽいスタイルで、スポーツ性能を重視したミニベロ。コンポーネントはシマノ・クラリスです。割り切ってそのまま乗るもよし、コンポーネントをアップグレードして乗るのもよし。

タイヤサイズ:20×1-1/8
価格:95,000円(税別)

情報源: ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)、FUJI track(フジトラック)/ピストバイク|FUJI BIKE [フジ自転車],株式会社アキボウ

●BRIDGESTONE CHeRO 20

20-normal-big-0-2015AW

リーズナブルながら気持ちの良い走行性能を持たせた、20インチのクロモリ・ミニベロ。「クロモリ+レザーテイスト」がセールスポイントになっていますが、その「レザーテイスト」であるサドルやグリップを本物のレザーに交換するのも良いかも。

タイヤサイズ:20×1.35
価格:55,800円(税別)

情報源: CHeRO 20|chero|BRIDGESTONE GREEN LABEL

●MASI MINI VELO DUE DROP

mini velo due drop

MASIの「MINI VELO DUE DROP」は、クロモリフレームでメインコンポーネントにシマノ・ティアグラを採用した、スポーティなミニベロ。

MINI VELO DUE DROP_tube

この、2本に分かれたトップチューブが個性的。

フレームサイズは3種類用意されています。

タイヤサイズ:20×1-1/8
価格:139,000円(税別)

情報源: MINI VELO DUE DROP | MASI | Lineup:取扱いブランド | 東商会

●LOUIS GARNEAU LGS-MV 5FS

mv5fs_mattlgwhite-ang

20インチ(406)のミニベロなのに、前後にサスペンションを装備。タイヤも太めでブロックパターンが付いています。さらには油圧ディスクブレーキまで装備。ポタリング中に未舗装路が出現したり、雨に降られたりしても慌てる必要はありません。

タイヤサイズ:20×1.95
価格:145,000円(税別)

情報源: LGS-MV 5FS / LOUIS GARNEAU / ルイガノ製品紹介

●RITEWAY GLACIER SW

GLACIER_color2

ライトウェイのミニベロ「GLACIER SW」は、SRサンツアー製のちょっと変わったフロントサスペンション「スイングショック」を採用し、路面からのショックを吸収。機械式ディスクブレーキや、幅広で耐パンク性能に優れたタイヤも装備しています。

タイヤサイズ:20×1.95
価格:78,000円(税別)

情報源: GLACIER SW | ライトウェイバイクブランドサイト

●BE-ALL 16″ ALIZE GR

bo_16alize-gr_4

今回紹介する7台の中では、いちばん小さな16インチホイールを採用。クラシカルなクロモリフレームに、フェンダーやキャリア、砲弾型のヘッドライト、そしてバーエンドコントローラーが付いたドロップハンドルを装備し、ツーリングモデルに仕立てられています。サイドバッグを取り付けて、里山の直売所で野菜を買って帰るのもいいかも。

タイヤサイズ:16×1-3/8
価格:78,840円(税別)

情報源: 自転車一覧 | BE・ALL / BonnetNoir | オフィシャルサイト / AKI Corporation

●おわりに

すみません、筆者が今ミニベロが欲しい気分なだけです……。

(Gen SUGAI)




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like

One thought on “ポタリング用に欲しいミニベロ2016年モデル7選

Comments are closed.