ordina S5Bに見る「シティサイクル寄りのクロスバイク」という選択肢

先日も紹介したように、ブリヂストンサイクルが、内装5段変速とカーボンベルトドライブを採用したクロスバイクの新製品「ordina S5B(オルディナ・S5B)」を発表ました。

s5b_00002

関連記事: ブリヂストンから内装5段変速とカーボンベルトを採用したクロスバイク「ordina S5B」登場 – CyclingEX

クロスバイクを名乗っていますが、同じブリヂストンサイクルの「CYLVA F24(シルヴァ・F24)」や、例えばGIANTのESCAPE R3(エスケープR3)、TREKの7.4FXといったクロスバイクと比べると、ordina S5Bの立ち位置は少し異なっています。

クロスバイクは以前から、「ロードバイクとMTBの良いとこ取り」と表現されてきました。クロスバイクというジャンルが出現してからだいぶ年月も経ち、今では独自の進化を遂げていますが、ロードバイクの軽快感に街乗りで必要な安定感をプラスしているという点では、不変です。

ではordina S5Bはどうかというと、他のクロスバイクにはあまり見られない特徴があります。

s5b_00011

チェーンではなく、カーボンベルトドライブを採用。

s5b_00010

内装変速とローラーブレーキ。

s5b_00009

サークル錠もはじめから付いています。

s5b_00020

そしてタイヤは700Cではなく、27型(27×1-8/3)です。バルブも英式。

つまり、クロスバイクとシティサイクルの良いとこ取りなんです。

スポーツサイクル的な視点で見ると、外装変速ではないしリアはVブレーキではないので、タイヤ交換等のメンテナンスがしにくいという印象になります。

しかしシティサイクル的な視点では、それまで乗っていたシティサイクルと同じような感覚で使うことができるクロスバイクということになります。ギアがうるさい音を立てることもないし、油汚れとも無縁です。家にある空気入れがフレンチバルブに対応していないものであっても、問題ありません。

そして実際に乗ってみると、その走りにはクロスバイクらしさをちゃんと感じます。通勤や通学などがメインで「とくに趣味性を求めない、普段使いするちょっとスポーティな自転車」って、こういうので良いのかも、と思わせてくれます。

もちろん、この「シティサイクル寄りのクロスバイク」はすでにいくつか存在していますが、初めからフル装備すぎて重たいとか、量販系のプライベートでちょっと貧相……といったものが多いのが現状でした。その点ordina S5Bは、標準状態で14kg台の重量と5万円台の価格で、バランスに優れているのではないでしょうか。

他メーカーの製品ですと、ミヤタの「EXクロス プレミアム」が同じジャンルです(装備が充実していてやや高級志向ですが)。

ex_cross_premium

リンク: ミヤタ EXクロス プレミアム

このシティサイクル寄りのクロスバイクは、街の自転車店が主な販路となり、量販店では高級モデルという位置付けになるでしょうから、スポーツサイクルとはあまり競合しないかもしれません。

ブリヂストン「ordina S5B」の詳細は、姉妹サイトの「BRI-CHAN(ブリチャン)」でも紹介しています。

関連記事: 写真で見るBRIDGESTONE GREENLABEL:自転車通勤・通学にぴったり!カーボンベルトドライブ+内装5段の「ordina S5B」 – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like