そこが自転車ライフのスタートライン

ボイス・パブリケーションからBICYCLE NAVI NO.75が発売されています。

140328_bn075_cover

個人的に注目したのが、第二特集の「子どもの自転車デビュー徹底ガイト パパママのための子ども自転車 A to Z」です。

140328_001

意外に正しく知られていない子ども自転車の選び方や 乗せ始める時期、補助輪を外すトレーニング方法など、 パパとママ向けのキッズバイク情報満載の保存版!

引用元: バックナンバー BicycleNavi No.75|BN-NET【ビーエヌネット】.

そもそも何歳くらいから自転車に乗れるのか、キッズバイクを買うときの基準は何か、練習場所はどうすればよいかといった疑問に答え、そして「教え方」や「メンテナンス」、キッズのための自転車&グッズの紹介などといった内容で構成されています。

さて、ひとつ気にしておきたいのが、キッズバイクをどこで買うのかということです。

140328_002

実にさまざまな種類のキッズバイクが販売されていますが、実際に街の自転車店に足を運ぶと、キッズバイクってあまり置いてないですよね。

通販で買う人も多いでしょう。しかし、大事な子どもが乗る物ですし、子どもの体格に合わなかったら大変です。できれば現物を見て買いたいというマインドは、結構あると思うのです。ところが、地元の自転車店にはキッズバイクの在庫が無い、もしくは、少ない。

そこで頼られるのが、大きなスーパーマーケットやホームセンターの自転車コーナー、もしくはそれらに併設された自転車店、そして近年増えてきた、家電量販店の自転車コーナー等です。そこに行けばキッズバイクが、多少は選べるくらいに置かれています。

サイクルライフのスタートラインが、そこになるわけです。

せっかく「リアル店舗で買おう!」という気持ちがあるわけですから、なるべくちゃんとした自転車を買ってあげてほしいと思います。しっかりした物を買えば、子どもが成長した後も、下の子が乗ったり、もしくは他のご家庭で活躍したりできるでしょう。

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like