タイヤとリムで頭がぐるんぐるん

このサイトで何度も登場している、2013年モデルのGIANT ESCAPE RX3ですが、気分転換も兼ねて、ちょっと太いタイヤを装着してみようと思い、試しに700×35Cのタイヤを使ってみました。

131114_001

実際に装着してみると、各所のクリアランス的には問題がないことがわかりました。太めでそこそこ軽いタイヤを装着することで、ESCAPE RX3のキレの良さを維持したまま走りの幅が広がるのであれば、なかなか楽しそうです。

しかし、ひとつ問題がありました。

シュワルベの本国サイトにある、テクニカルインフォメーションのコーナーで見つけたひとつの表。

131114_etrto

ETRTO径が622のリムで、そのリム内幅が15Cのとき、推奨されるタイヤは700×32Cまでなんですね。

RX3の標準ホイールをみると、リムに「622-15」とありましたので、今回のように700×35Cのタイヤを装着する場合は「自己責任でね」ということになるわけです。

今回、ESCAPE RX3(2013)に700×35Cのタイヤを履かせた件については、こちらにも書いているので「お暇なら見てよね」ということで。

ESCAPE RX3(2013年モデル)に太目のタイヤを装着したときの様子と注意点 | ESCAPE USERS.

で、今回の件をきっかけに、改めてタイヤやリムのことを調べてみたのですが、なんか頭がぐるんぐるんしてきました(笑)

以前も紹介したと思うのですが、ラレージャパンこと新家工業のこちらのコンテンツが面白いので、リンクを貼っておきます。

infoFAQ ホイールサイズについて.

infoFAQ ホイールサイズについて(アドバンス編).

そしていろいろ読みあさってみると、新たな発見があったり、新たな疑問が出たり、あちらこちらでデマっぽいことが書かれていたり……いつまでたってもスッキリしません(笑)

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like