ANCHOR 2014年モデル:愛され続けて20年。ネオコットクロモリプロフェッショナルフレームの「RNC7」

ブリヂストンのスポーツ車ブランド「ANCHOR」において、カーボンフレームがメインとなった今でも人気モデルとして君臨しているのが、クロモリフレームの「RNC7」です。

131030_001

2014年モデルでも、もちろん健在です。「ネオコットクロモリプロフェッショナル」と呼ばれるフレームは、その独特な形状が特徴です。

スピニングバテッドとバルジフォーミングによって、異径断面とラグを兼備する独創的なクロモリチューブを成形。フレームの必要な部分だけに最適な剛性を与えることに成功した「RNC7 EQUIPE」は、素材特有の芯のある剛性としなやかな走りを最大限に引き出す。

引用元: RNC7 EQUIPE|製品|ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor.

131030_002

現在、完成車としては105仕様の「RNC7 EQUIP」がラインナップされています。

完成車価格は5%税込みで240,000円。また、フレームセットは5%税込みで165,000円です。

アンカーの特徴として、カラーや細かいパーツスペックを選択できる点が挙げられます。このRNC7でも、ハンドルやステムのサイズ、ノーマル/コンパクトクランク、スプロケットの歯数、ホイール、クロモリフォーク/カーボンフォーク等が選択可能となっています。

そしてカラーを選ぶのもアンカーの楽しみですね。

いちばん上の画像はレーシングレッド。次の画像がレーシングスカイです。

単色カラーオーダーも可能です。

131030_004

ショップの展示車では、このマゼランをよく見かけるような気がします。

131030_003

パステルパール・ライトブルーなんかも、似合います。

ちなみに、ネオコットクロモリプロフェッショナルフレームのロードバイクが登場したのは、1993年だそうです。もちろん、アンカーブランドが立ち上がる前のこと。

そのチューブの完成をもって、93年にはロードバイクの「ネオコットクロモリプロフェッショナル」が世に送り出された。

引用元: RNC7|ROAD|製品コンセプト|ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor.

細部の変更を繰り返しつつも(昔は集合ステーだったりとか)、基本構造を受け継ぎながら20年以上、作り続けられています。

(Gen SUGAI)






BikeConscious



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like