アンカー2014年モデル:650BのXC MTB「XR9」

ブリヂストンのレーシングブランド「ANCHOR(アンカー)」は、ロードチームだけでなく、MTBのXCレースチームも有しています。2014年モデルのXC MTBは、650B化されました。シリーズ名は「XR9」です。

2013P-AN0_final.indd

完成車の最上位グレードとなるシマノ・XTR仕様の「XR9」(税込700,000円)です。FサスペンションはROCKSHOX SID RLT 650B(100mm)。

フレームは3ピース構造のカーボンで、リアのエンドまでカーボンとして、フロント15mm、リアエンド142mm/12mmのスルーアクスル、ワンポイントファイブのコラムを採用しています。ヘッドチューブは26インチモデルよりやや短くして、26インチと同等のハンドル位置に。そしてハンガー下がりは35mm→50mmとすることで低重心化を図ったとのこと。

タイヤは、BRIDGESTONE EXTENZA TUBELESS 650B×2.1を新規開発し、採用しています。

2013P-AN0_final.indd

XT完成車の「XR9 ELITE」(税込420,000円)。FサスはROCKSHOX RECON GOLD RL 650Bとなります。タイヤは、こちらもBRIDGESTONE EXTENZA TUBELESS 650B×2.1が採用されています。

2013P-AN0_final.indd

そしてこちらがデオーレ完成車の「XR9 EQUIPE」(税込280,000円)です。フレームは上位モデルと共通。FサスはSR SUNTOUR EPICON XC LO-R 650B(100mm)です。

なお、XR9のフレーム単体は税込210,000円となっています。

また、26インチのXIS9については、フレーム単体(税込195,000円)で用意されています。

ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor.

(Gen SUGAI)






BikeConscious



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです