フック収納にひと工夫 – THULEブランドの自転車用サイドバッグ

自転車に乗るときは、なるべく荷物を背負いたくないもの。だから私はクロスバイクで街乗りするときに、リアキャリアに取り付けられるサイドバッグを多用しています。自転車に乗るときはサイドバッグとして使用でき、降りた後は肩掛け等で使える製品はいくつか出ていますが、キャリアに取り付けるフックの処理が問題。カラダに当たらないようにするためにカバーが付いているものが多いですが、それでもフック部分が盛り上がってしまったり、一部露出してしまったりと、いろいろあります。

さて、ライトウェイプロダクツジャパンの2014年モデル展示会で見つけたのが、あの「THULE」ブランドのサイクルキャリアやバッグたちです。THULEが自転車用のキャリアやバッグなんて作っていたっけ?と思ったのですが、いくつかの製品を見て気づきました。以前からライトウェイが取り扱っていた「freeload」が、THULEに倍種されていたのでした。

今日は「アーバントートバッグ」と「コミューターパニア」を紹介します。

まずこちらが、「アーバントートバッグ」。名前の通り、トートバッグスタイルです。容量23.5L、重量は1,192g。IPX3の防水性能を持っています。価格は17,640円。

130627_001

そしてこちらが「コミューターパニア」。容量は19Lで、こちらはメッセンジャースタイルでも使えるのが特徴。15インチのノートパソコンを収納できます。付属のレインカバーを用いることで、IPX4の防水性能に。重量は1,408g、価格は27,090円となっています。

130627_002

そしてこの2つのバッグで特徴的なのが、キャリアの取り付けるフック。

こちらが、フックが露出した状態。つまりサイドバッグとして使う状態です。

130627_005

自転車を降りてから使いたいときは、このフック部分が、くるりん……

130627_004

ぱっ!

130627_003

そしてもうひとつ、片方のサイドには透明のポケットがあるので、テールライトを入れれば、

130627_006

こんなふうになります。

決してお求めやすい価格帯の製品ではありませんが、個人的には次期サイドバッグの有力候補!

同様のフック収納システムを持った「アドベンチャーツーリングバニア」も登場します。

130627_000

26Lのラージが27,090円(1個)、16Lのスモールが22,890円(1個)となっています。

まだライトウェイのWebサイトにはTHULEの製品は掲載されていませんが、本国サイトが日本語でも見られますので、デザインや機能等はそちらを見ると良いと思います(製品名が一部、この記事とは異なっています)。

Bring your life: Racks and Carriers for Bikes Skis Kayaks Canoes Surfboards – Roof racks – Roof boxes – Bags and Cases for Travel Laptops Cameras Tablets Smartphones – Bike Bags and Racks – Snow Chains – Camping – Towbars – Trailers – Thule.

(Gen SUGAI)






Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like