Panasonicのウェアラブルカメラ「HX-A100」

Panasonicから発表されていたウェアラブルカメラ「HX-A100」、5月上旬発売予定(オープンプライス)なのですが、家電量販店等で店頭展示が始まっていますね。

stylish-img01-orange

Panasonicからのプレスリリースはこちらです。

本製品は、カメラ部と本体部が別となった「スタイリッシュ二体型デザイン」を採用。カメラ部は約30gの軽量設計で、同梱のイヤーフックにより、手でカメラを持つことなく、撮影者の目線からの映像を撮影することが可能です。本体部がカメラ部と別になっているため、手元で録画、停止などの操作および確認が可能で、アクションカメラの撮影時の使いにくさや録画の不安を払拭しています。また、Wi-Fi®内蔵により、スマートフォンでの撮影映像の確認や各種設定、録画した映像の確認などができます。さらに、撮影中の映像をUstreamを使ったライブ配信によりリアルタイムで共有、SNSへのアップロード機能で簡単にシェアすることも可能となっています。

引用元: ウェアラブルカメラ HX-A100を発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic.

そして製品Webサイトはこちら。

スマートフォン

引用元: ハンズフリーのアドベンチャーカメラ登場! | デジタルムービーカメラ/ウェアラブルカメラ | Panasonic.

約30gのカメラ部と、約117gの本体部分に分かれているのが大きな特徴。両者はケーブルでつながっていて、カメラ部は同梱のイヤーフック使用することで、目線の位置に持ってくることができます。本体はアームバンドで腕に装着します。オプションで「マルチマウント」が用意されていて、それを使うとカメラをゴーグルにマウントすることも可能です。

防水防塵仕様で、ハウジング無しでフルHD/60pの撮影が楽しめます。また、Wi-Fi経由でスマートフォンによるリモート操作を可能にしたり、Ustreamでの配信に対応するなど、ひととおりトレンドは押さえてあります。

この分野でGoProがリーダーであることには変わりはありませんが、こうしていろいろ競合製品が出てくるのは楽しいですね。私が使っているJVCのADIXXIONも、もうひと頑張りしてほしいところ!

以下、機能や予想実勢価格などについて、参考記事です。

パナソニックは、ハンズフリーで撮影でき、Wi-Fi接続によりスマートフォンを使ってライブ配信も可能なウェアラブルカメラ「HX-A100」を5月1日に発売する。店頭予想価格は3万円前後。カラーはブラックとオレンジの2色。

引用元: パナソニック、スマホからUstream中継もできるウェアラブルカメラ「HX-A100」 -INTERNET Watch.

新製品は身につけることで迫力ある映像を撮影できるいわゆるウェアラブルカメラやスポーツカムなどと呼ばれるジャンルの製品だが、最大の特徴はカメラと本体が分離した構造となっており、撮影時の自由度が非常に高い。

引用元: カメラはわずか30グラム ウェアラブルカメラ「HX-A100」パナソニックから – ITmedia デジカメプラス.

(Gen SUGAI)






Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです