ハンドメイドバイシクル展2013を見てきました

日曜日、科学技術館に「ハンドメイドバイシクル展2013」を観に行きました。限られた時間の滞在だったのですが、個人的に気になった自転車を紹介します。


●細山製作所


モーターサイクルのようなデザインの自転車が展示してありました。この自転車のオーナーが自らデザインしたそうです。今月発売の「自転車人」に掲載されていました。





ハンドルまわりとライト。





四角いステムがついていました。





コンポーネントは内装のシマノ・アルフィーネ。





その隣にあった、このディスクブレーキ、泥よけ付きの自転車もかっこよかったです。





細山製作所


●SANOMAGIC


SANOMAGICのマホガニーバイク。ロードのほか、写真の小径車2号機が展示されていました。





ステムやハンドルもマボガニー。





佐野末四郎が作ったマホガニーバイクのリスト


●高村製作所(ラバネロ)


ラバネロのクラブモデルが、なんともさわやか。





こんな小径スポーツもありました。





ラバネロ


●マツダ自転車工場(LEVEL)


LEVELというとロードレーサーやトラック競技車を思い浮かべる人が多いと思いますが、サイクリング車、シティサイクル、そしてユニバーサルデザインの自転車も作っています。





今回もしっかり、モデルチェンジした超低床フレームの自転車を出展していました。


マツダ自転車工場


●エム、マキノサイクルファクトリー


美しい塗装のスチールフレーム「NEO CLASSIC」。フレームは207,900円(税込)だそうです。





エム、マキノサイクルファクトリー


●今野製作所(ケルビム)


何台もの自転車を展示していたケルビムですが、目立つのはやっぱりコレ。





NAHBS二冠バイク「HummingBird」! 昨年のサイクルモードでも見ましたが、何度見ても存在感があります。


ケルビム


こうやって、実際にオーダーできる自転車から、オーナーの注文による完全なる一品もの、そしてショーモデルなど、様々な自転車を見ることができるのが、ハンドメイドバイシクル展の面白いところです。


長くなりましたので、続きは改めて。


(Gen SUGAI)









Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like