週刊マティーノ:国内にたった20台しかない、最高のカーボンバイクがついに当店へ【PR】

120727_mattino


墨田区本所のスポーツサイクル専門店「Bicicletta di Mattino」です。以前からアナウンスをしておりましたMBK RD1200-RSの完成展示車が先週末より当店に到着。8月中旬までの滞在となります。その後はイベント会場を転々とし、また当店へ戻ってくる次第です。



MBKをご存じない方へ一言で言いますと、カーボン、アルミ、スチールそれぞれの素材において、特性を最大限引き出し、そして最高レベルの仕上げを欠かさず行い、精度はNJSレベルに仕上げるという、自転車好きが自転車好きの事を想って作る、自転車好きの為の自転車です。



イタリアの各メーカーにも乗ってきました私ですし、ピナレロさんにもコルナゴさんにも会って話も聞きました。イタリアにも行きました。しかし、日本人だからこそ出来るきめ細やかな技や気遣いというより、レースへの情熱と商売への情熱は感じたものの、ものづくりへの意識では圧倒的に日本人が上であると感じました。



ここまで申し上げてもなお、
「やはりTREKやSPECIALIZEDやPINARELLOやCOLNAGOの方が良いだろう」
「みんな乗っているから間違いない」
「悪いものは売れないだろう」
と思われるのでしたらそれでよいと思います。好きな自転車に乗るのが幸せです。



しかし、もの作りや物売りに少しでも携わった事がある方は、“その事情の裏”にあるものを察して頂けると思います。また、実際に乗って下さい。1200もありますし、私の750もあります。



私はカーボンの750に乗り、スチールのクラブレーサーに乗り、それまでその”素材”であるからだと思っていた概念や常識がガラガラと崩れ去りました。それぞれカーボンの、スチールの常識を打ち破っています。



“乗って分かってしまった方”は買わざる得なくなります(笑)
そして納得いかないものを買えなくなります。



しかしサイクルラインズさんは
「いや、これが普通やと思うんですよ。違います?」
と仰います。



いまでこそ私も
「ですね、これでないとだめですね」
と言えますが、数年前までは目が曇っていたと、ブランドに騙されていたと言えます。



是非とも殻を破ってみませんか?
本物の自転車を、ロードレーサーを感じてみませんか?



肝心のお値段は…お問い合わせ下さい。



サイクルラインズBlog
http://cyclelines.blogspot.jp/2012/07/blog-post_25.html



[通常営業時間]
平日・土:12〜20時
日・祝:12〜19時


(Bicicletta di Mattino 朝倉誠)




Mattino


墨田区本所のスポーツサイクル専門店「Bicicletta di Mattino」

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです