平成24年版交通安全白書が発表されました

新しい「交通安全白書」が閣議決定され、内閣府のWebサイトにて公開されています。白書によると、2011年の交通事故死者数は11年連続で減少とのことです。


時事ドットコム:交通事故死者、11年連続減=政府白書

政府は29日午前の閣議で、2012年度版の「交通安全白書」を決定した。11年の交通事故による死者数は前年比5.2%減の4612人。減少は11年連続で、ピークだった1970年(1万6765人)の3割以下となった。白書は、シートベルトの着用率上昇や、飲酒運転など悪質な運転による事故の減少が要因と分析している。


今回の白書では「良好な自転車交通秩序の実現に向けて」という項目が掲載されています。

白書はまた、東日本大震災後、通勤などでの利用が注目される自転車対策について明記した。

via jiji.com

お時間があれば白書の全文に目を通してみてはどうでしょう。また、「とりあえず、自転車のところだけかいつまんで……」というのであれば「概要」と、その中にある「トピックス目次」というのが、整理されていてわかりやすいと思います。


交通安全白書 – 内閣府


(Gen SUGAI)



Rbl2012_m







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです