だいたい10万円で手に入るロードバイク2011年モデルをいくつかピックアップ

2003年頃だったでしょうか。「10万円ロード」という言葉が流行った……というか、一人歩きしたというか、そんな時期がありました。大手メーカーから量販店オリジナルまで、こぞって10万円前後のロードバイクをリリースしたのです。でも当時は、とにかく安く作っているだけで、みすぼらしい物もありました。それと比べると、今の「10万円ロード」は見栄えのよい物が増えたと思います。ロードバイク初心者におすすめできそうな、10万円前後のロードバイクをいくつかピックアップしてみました。


●GIANT TCR2


101023_001

2011 Giant Bicycle [TCR 2] -outline-


とくにこれはすごいですね。アルミフレームでジオメトリーはレース向け、リアが105の10速で、価格は税込115,500円。他のブランドはなかなか太刀打ちできないのではないかと思います。


●FELT Z85


101023_002

ライトウェイ-FELT | ロードバイク | Z85


リンク先の詳細スペックがなぜか見られなくなってしまっているけれど、こちらはアルミフレームでコンフォート向けのジオメトリー。そしてこちらも105採用でリア10速。価格は税込110,250円。


「リア10速で11万円台」というこの2台は、少なくともスペック的には(このクラスでは)抜きん出ているように思います。


●Cannondale CAAD8 7 SORA


101023_003
2011 Cannondale CAAD8 7 SORA

シマノSORA仕様で税込99、000円。アジア生産になっていろいろ言われているキャノンデールですが、CAAD8はグラフィックを改めて昨年よりかっこよくなりました(まるでフレーム全体の仕上げもよくなったように見える。グラフィックはやはり大事です)。昔のCAAD8に比べると太めのチューブですが、砂時計型のシートステーも健在です。


●KONA HONKY TONK


101023_004

KONA -konaworld- 2011年モデルマウンテンバイクラインナップ


このHONKY TONKはFELT Z85とともに、当サイトでは何度か紹介してきたモデル。クロスバイクよりは軽快に、でもゆったりとした気分でサイクリングしたい人にはぴったり。コンポーネントは主にSORAでリア9速。価格は税込105,000円。


●SPECIALIZED Allez Steel Double


101023_005

スペシャライズド・ジャパン : Allez Steel Double


レイノルズ・520を使用したスチールフレーム。コンポーネントはSORAより安いシマノ2300、変速レバーはダブルレバーといった具合で、価格も安く税込80,000円。でもこのデザインに魅力を感じる人は少なからずいるのではないでしょうか。


ということで、いざ5台ほど挙げてみると「代わり映えしないね」という気もするわけですが、「予算は限られているけどロードバイクが欲しい!」という方は、とりあえずここに挙げているような「本体10万円」、そしてスポーツサイクルが初めての方は用品に最低5万円程度をメドにしてはいかがでしょう。ロードバイクとしてはかなり安価な部類になりますが、ちゃんとしたショップで買って、ちゃんと自転車とつき合うことができれば、すてきなロードバイクライフが待っているはずです。


(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです