マニアックな?ハンドル周り

ビアンキに「ミラノ」というシティサイクルのシリーズがあって、日本にも男性用/女性用各1モデルずつ導入されているのですが、この自転車のカスタム例をflickrで見つけました。


Rolling

Rolling / joshua_putnam


Behind Bars

Behind Bars / joshua_putnam


右側に「アクションカム」が装着されてますね。左側の警音器も面白い。これでGPSもあったら完璧でしょうか。


でもこの自転車を紹介したかったのは、ハンドル周りだけではありません。


CC画像でないものを含むので、すみませんがリンクだけ。こちらのPhotosetをご覧ください。


Bicycle Hardware

見ていただければわかりますが、この方、なんとペリカンのハードケースを「リクセン化」(リクセンカウルのアダプターを取り付ける)しています。しかもパニアケースにしているのです。


強度的には不安があると思うので、真似したいかというと微妙ですが、確かに自転車で使えるハードシェルのパニアケースって、製品では見たことないです(リアボックスは業務用を中心に見かけますが)。海外で探せばあるのでしょうか? リクセンカウルやオルトリーブでハードシェルのパニアケースを製品化したら、面白そうではあります。


(須貝弦)


Road2010_top_mini







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like