団長安田の「160万円の自転車」とは

安田大サーカスの団長安田さんが出演するテレビ番組の会見で、ご自慢の愛車を披露したとのこと。



団長安田、自慢の160万円ロードバイクで台湾へ! – 『よゐこ部』in 台湾 | エンタテインメント | マイコミジャーナル


ということで、記事タイトルに160万円という金額が踊っております。で、先に肝心の番組内容は、

『よゐこ部』はお笑いコンビのよゐこがさまざまな”部活”を立ち上げ、興味のあることに挑戦していく番組。台湾スペシャルでは、2月23日の『よゐこ部』(※この日のみ24:05〜)本編で「”1万歩”歩かなければ何も口にできない」という過酷なルールの下、よゐこ、団長らが台北の街を歩いて台湾グルメを紹介する「食物部10,000歩」をオンエア。3月2日(火)9:55より放送のスピンオフ企画『よゐこ番外編 台湾新発見! 絶品グルメと絶景満喫! 団長のサイクリング旅』では、団長がグラビアアイドルの夏川純とともに自転車で台湾東部都市・花蓮(かれん)の名所を巡る。

というもの。台湾と言えば世界有数の生産国ですね。そういえば、Flickrでも結構、台湾のサイクリングシーンって多いです。作っているだけじゃなくて、きっと皆さん楽しまれているのでしょう。


で、自転車なんですけど、団長安田さんの愛車と言えば、キャノンデールの「SuperSix Hi-Mod Team」ですね。キャノンデールのWebサイトでも大々的にプッシュされている、SuperSix Hi-Modです。


100219_supersix

先の記事の画像キャプションを見ると『愛車・キャノンデール”Super Six”を披露し、ご満悦の団長安田(右)と、台湾ロケにも参加した『よゐこ部』レギュラーの吉竹史アナウンサー』などと書かれていたりして、マイコミジャーナルの記者さんは自転車がわかる方だったのかもしれません。他のサイトでは「160万円の高級自転車」で済まされていましたので……。


ちなみにSuperSix Hi-Mod Teamは約90万円なのですが、記事中のロケ画像などを見ると、どうやら完成車スペックとは別にホイール等をお持ちのようです。リクイガスカラーでかっこいいですね。うらやましい!


(須貝弦)









須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like