【PR】プロショップで始めるロードバイクライフ:ロードバイクとはどんな乗り物か(1)

Rbl2012_m


●舗装路を速く走ることに特化したロードバイク

ロードバイクは、舗装路を速く走ることに特化した自転車です。他の主なジャンルの自転車と簡単に見比べてみましょう。

<シティサイクル>

シティサイクルやママチャリと呼ばれるジャンルの自転車は、日常生活の中で使われる自転車です。とくに日本においては、自転車が歩道を走行するのが当たり前になってしまっていることもあり、低速度でのんびり走ることに特化しているものが多くあります。ロードバイクとは真逆の存在です。もちろん、買い物等の使い勝手は最高です。

<MTB>
01a_mtb

MTB(マウンテンバイク)は、その呼び名の通り野山を走り回るための自転車です。MTBにもいろいろなものがあるのですが、基本的には太いブロックタイヤを履いています。今ではフロントサスペンションを備えているものが多く、上級モデルではリアサスペンションも付いています。スポーツ自転車というとMTBをイメージする人は今でも多く、街中での使い勝手を重視した「街乗りMTB」もあります。

<クロスバイク>
01a_cross

MTBと、後述するロードバイクのメリットを併せ持った自転車を「クロスバイク」と呼びます。MTBのようなフレームと、ロードバイクと同じサイズのホイール、そしてMTBとロードバイクの中間の太さのタイヤを装備するのが標準形。街乗りMTBよりも軽い物が多く、とっつきやすさもあるので、ここ数年の自転車ブームをロードバイクとともに牽引しています。

<ロードバイク>
01a_road

ロードバイクは、冒頭にも書いた通り「舗装路を速く走ることに特化した自転車」です。舗装路で争われるサイクルロードレースで使用されることを前提に作られたものがほとんどなので、かつては「ロードレーサー」と呼ぶのが当たり前でした。近年は、レースを前提としない「速く快適に走る」ためのものも増えているので「ロードレーサー」よりも「ロードバイク」のほうがしっくり来ることも多いです。軽いフレーム、MTBよりひとまわり大きなホイール、そしてとても細いタイヤを備えています。また、ドロップハンドルもロードバイクの象徴と言えるでしょう。

ロードバイクの魅力は、なんと言っても「軽くて速い」ことに尽きるのではないでしょうか。価格帯は、下は8万円程度から、上を見ればきりがなく100万円を超えるものも数多くありますが、10万円前後のロードバイクでも、シティサイクルや街乗りMTBと比べると驚くほどの軽さを体感できます。

→次のページに進む

[PR]私たちがロードバイクの世界へご案内します!

松戸:ベロシステノブ町田:たかだフレンド川越:シクロガーデン

ベロシステノブ たかだフレンド シクロガーデン

目次へ戻る

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです