日本CSCにドーム型競技場建設へ!

修善寺(伊豆市)の日本サイクルスポーツセンター(日本CSC)にドーム型屋内競技場が建設されることになったと、複数のメディアが伝えています。競輪場ではありません、オリンピックやワールドカップでおなじみのトラック競技を行うための施設です。



ドーム型屋内競技場建設へ : 静岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

伊豆市の日本サイクルスポーツセンターは19日、オリンピックや世界選手権レベルの国際大会も開催できる、国内初の板張り走路(1周250メートル)を備えたドーム型の屋内自転車競技場を建設すると発表した。

 現在、同センターには屋外にコンクリート製250メートル走路を持つ練習場がある。同センターによると、板張り走路はコンクリート製に比べ摩擦が少なく、スピードが出るため、国際大会は板張りで行われている。

 同センターが昨年6月に文部科学省の「ナショナルトレーニングセンター自転車強化拠点施設」に指定されたのを受け、選手育成と強化に向け、国際基準をクリアした施設を建設することになった。

via www.yomiuri.co.jp



地域ニュース・東部:来秋ドーム型自転車競技場 伊豆 国内初、板張り

豆市の日本サイクルスポーツセンターは19日、敷地内にドーム型屋内自転車競技場「伊豆ベロドローム」(仮称)を建設すると発表した。日本初の木製走路を採用し、周長250メートルの板張りトラックを設置する。建設費は約30億円で、2011年9月の完成を目指す。世界標準になっている木製走路を活用し、トップ選手の育成・強化に役立てる。

via www.shizushin.com

静岡新聞のサイトには完成予想図も出ていました。残念ながら日本CSCのサイトには何の情報もありませんでしたが。


ちなみに東京ドームも板張りバンクが格納されているのをご存知ですか? 競輪場としては使用されていませんが、イベント(オリンピック壮行会)等で使用された実績があるので、メディア等でご覧になったことのある方もいるでしょう。


日本で自転車のトラックというとすぐに競輪がイメージされると思いますが、NHK-BS1やBS-TBSで放送しているような、ギャンブルではない純粋なトラック競技を、屋内の競技場で見るのも良さそうです。「6日間レース」なんか憧れますよね。


(須貝弦)









須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like