ブリヂストンサイクル「HELMZ」メーカーPhoto

091224_001

街乗りのスポーツサイクルを買おうとすると、たいていの人は「クロスバイク」というものに行き着きます。ママチャリしか知らない人からすると、クロスバイクは十分に高級な自転車ですが、一方で「クロスバイク=安価で中途半端な自転車」という見方があるのも事実です。実際、5〜10万円という価格帯がすごく多い。CyclingEXが長期レビューしているGIANT ESCAPE R2も、そのど真ん中にいます。

しかし、少なからずいるようす。

・用途は街乗り
・クロスバイクが適しているのはわかっている
・しかし欲しいクロスバイクが無い
・クロスバイクが欲しい=安い自転車で満足、ではないのだ
・街で乗れるカッコイイ自転車はどこにあるの!?

……という人が。

091224_1217-j

「カッコイイ」ということに関してはピストバイクがカバーしてきたように思います。また、最近になってちょっと古いTTバイクをレストア/カスタムして乗っている人をチラホラ見かけるようになりましたが、おそらく自分なりに欲しい、カッコイイ自転車というものを考えた結果(しかし現行製品には無いから)、そういうところに行き着いたのでしょう。

そんなところにHELMZ(ヘルムズ)です。このカタチ、税込み17万円というプライスは、ある意味でギリギリ、ある意味でど真ん中。説明するのは難しいし、筆者にはコレが売れるか売れないのか、判断できないのだけれど。

091224_1217-h

小林氏はブログでこんなふうに書いています。

いわゆるひとつのHELMZ(ヘルムズ) – ブログ?

実際ロードバイクやマウンテンバイクが10万〜100万まで幅広くあるのに、いわゆる街で乗る自転車には何故振り幅がないのか?でも、一番売れている自転車はそのあたりと呼ばれる街で乗る自転車。もし、パーツのグレードや重さ、カーボンフレームがどうしたこうしたで自転車を判断しない人がいた場合、どうすればよいのでしょうかね?

そのような想いを胸に「カッコイイ自転車を作ったらこうなった」ということなのでしょう。しかもこれが、ブリヂストンサイクルから出るっていうんだから面白い。そして確かにカッコイイ。

091224_1217-i

もちろん、コレがカッコイイのかどうかっていう問題は、見る人によって異なります。しかし、今まで日本のメーカーには無かった新しい価値観の自転車が生まれたことは間違いないです。

091224_1217-a

サムシフター。

091224_1217-b

ロングアーチのブレーキはメーカー不明。できればシマノを使ってほしいところではありますが。

091224_1217-c

チェーンホイールはカバー付き。

091224_1217-e

肉抜きされたシートポストはMICHE製。

091224_1217-f

ホイールはXERO製で、リムハイトは前25mm、リア38mm。装着されるタイヤは700×32C。

091224_1217-g

ハブも肉抜きされています。

091224_H550_STRONGBLACK

T.ストロングブラック

091224_H550_STRONGKHAKI

T.ストロングカーキ

091224_H530_SCENICWHITE

P.シーニックホワイト

091224_H530_PRISMPURPLE

P.プリズムパープル

サイズは530mm(トップ540mm)と550mm(550mm)。フレームサイズに対してハンドルはかなり近め。ほんのちょっとだけ乗った感じは「思っていたより全然フツー」でしたが、もうちょっと乗ってみたいところですね。

取扱店は、全国のHELMZショップにて。発売時期は2010年4月となっています。詳細は今後、下記公式スペシャルサイトで公開される予定。プロモーションムービーはすでに公開されています。

HELMZ

あ、ボトルケージ台座ないです。あしからず。

(須貝弦)

関連記事:
・ブリヂストンサイクル「HELMZ」発表会
・サイクルモード東京でブリヂストンとnari/furiの共同開発ブランド「ヘルムズ」お目見え
・ブリヂストンサイクル、nari/furiと共同開発の新ブランド「HELMZ ヘルムズ」をサイクルモード2009東京で先行展示

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです