コイン式駐輪場では絶対にカギをかけよう

090513_parking

地元駅前のコイン式駐輪場です。便利に使わせてもらっています。
で、これは書こうか書くまいか迷ったのだけれど、やっぱり皆さんに知っておいてほしいと思い、書くことにしました。コイン式駐輪場でいちばん大事な盗難対策は、言うまでもなく「カギをかける」ということです。

コイン式駐輪場では、ラックに自転車を置いて1分ほど数分すると自動でロックがかかり、機械で出庫操作をしないと自転車を出せなくなります。しかし、だからといって自転車にカギをかけない人が、なぜか大勢います。ときどき、7〜8万円クラスのクロスバイクなんかも、そんな状態でシレッと駐輪されていて、ドキドキしてしまいます。

冒頭の画像で紹介した駐輪場は12時間100円です。近くの別の駐輪場は12時間300円。いずれも最初の1時間は無料です。

つまり、駐輪ラックのロック機構だけに任せている場合、その自転車を持ち主以外が持ち去るために必要なコストは、0円〜数百円レベルでしかないのです。カギをかけないことが、いかに愚かなことかわかるでしょう。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like