BRI-CHAN:シティサイクルのサドルは案外難しい?

毎週金曜に更新している姉妹サイトの「BRI-CHAN」なのですが、今週はフライングで火曜にアップしました。ブリヂストンの「MarkRosa mini」、現行モデルは「MarkRosa M7」として販売されている小径シティサイクルのサドルを交換してみたという話です。

このMarkRosa mini/MarkRosa M7、シティサイクルとしては実に小気味良い走りを見せてくれます。標準装備されているサドルはというと……

そこそこ厚みはありますが、一般的なシティサイクルと比べるとスポーティーで、クロスバイクに付いていてもおかしくないようなサドルです。

そしてタイヤもちょっと細めのものが採用されていて、だからこそ「良く走る」と感じるわけなのです。

ただ、シティサイクルの視点でみると、ちょっとスポーティすぎるようにも感じます。

そこで、極端な例ですが、ふかふかのテリーサドルに交換してみたらどうか。

見た目は、かわいい!

では走りは? 実際に使用した女性に聞くと、良くなった点もあれば、純正のほうが良いと思う点もあるようです。詳細はぜひBRI-CHANでご覧ください。

ちなみに今回使用したテリーサドルは、以前に同じくブリヂストンサイクルの「TOTEBOX」という積載性能を重視した自転車のカスタムでも使用したもの。

このときも感じたのですが、シティサイクルといえども、自転車のキャラクター、ユーザーが期待することと、実際の使われ方、そしてユーザーの体格などによって「ベストなサドル」は違ってくるようです。ユーザー層が幅広い一方でコストの制限もありそうですし、もしかしたらスポーツサイクルよりも難しいのかもしれません。

関連記事: MarkRosa miniのサドルを変えてみました – BRI-CHAN

TOTEBOXのカスタムネタへのリンクも、改めて貼っておきます。

関連記事: TOTEBOX largeをカスタムして「TOTEBOX extra large」を作ってみた – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like