GIANT 2017年モデル:乗りやすさと快適性を高めた「ANYROAD」シリーズ

GIANT(ジャイアント)が「誰でも。どんな道でも。」をコンセプトとして開発した、扱いやすくて路面を選ばないドロップハンドルのスポーツ車「ANYROAD(エニーロード)」シリーズ。2017年モデルではアルミフレームの仕様が変更され、よりスマートなものになっています。

先に、モデルチェンジしたアルミモデルから紹介しましょう。

●ANYROAD 1

dsc07298

2017年モデルのANYROAD 1を見たときの第一印象は「あれ?なんだかスラッとした?」。2016年モデルと見比べてみると、シートクランプ周りのデザインが変更されており、スッキリしています。

dsc07300

最近GIANT各モデルでおなじみにになっているD型断面ピラー「D-FUSE」が、アルミのANYROADでも採用されています。また、クランプの位置が下がってピラーの突き出し量が増えており、しならせることを意識しているようです。

dsc07304

機械式ディスクブレーキを採用し、独特な形状のサブブレーキレバーも搭載。ドロップハンドルが初めての人でも安心です。

anyroad_1

ブレーキのマウントもフラットマウントになっています。

タイヤのサイズは、700x32C。同社のクロスバイク「ESCAPE R3」よりも太いタイヤです。これならサイクリング中に舗装が途切れても慌てることはありません。

ANYROAD 1はシマノ・ティアグラ仕様で、サイズはXS、S、Mの3種類。価格は140,000円(税別)です。

●ANYROAD 1

anyroad_3

ANYROAD 3は、シマノ・クラリス仕様で、フロントトリプルギアを備えています。価格は95,000円(税別)です。

●ANYROAD COMAX

anyroad_com

シリーズ最上位モデルはカーボンフレームの「ANYROAD COMAX」ですが、こちらのフレームには変更がなく、シートピラーは直径27.2mmの丸形状。でも、従来のピラーの方が融通が効いて良いと思う人もいるでしょう。

シマノ・105仕様で、価格は210,000円(税別)です。

リンク: Giant Bicycle

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like