アラヤ 2013年モデル:身長160cm未満でもかっこよく乗れる街乗りスポーツ車「SWALLOW cycle」他

新家工業(アラヤ)の展示会から気になったモデルをお届けします。


まずはすっかり定番モデルになったツーリングバイク「フェデラル」(FED)





軽快車で多く使われている26×1-3/8のタイヤを採用したツーリングバイクです。標準ではシュワルベ・デルタクルーザーが装着されています。2010年モデルから登場した、アラヤの人気車種で、2012年モデルからフェンダーが付いています。コンポーネントはシマノ・アルタスを用いており3×8の24スピードです。カタログ重量は13.5kg(アクセサリー込み)。そして価格は相変わらずの税込52,500円。サイズは500mmと540mmの2種類、カラーはマルーンレッド、グロスブラック、ディープブルーの3種類が用意されています。


次は「CX86」(MuddyFOX CX86)。アラヤにはCXというフラットバーロードに近いクロスバイクがありますが、それと「トヨタ・86」のコラボレーションモデル。





外観的な特徴としては、フォークやヘッドチューブに86のロゴが入っているほか、サドルやグリップ等も専用デザインとなっています。コンポーネントはリア10速のティアグラです。


標準装備されるMKSのペダルは、簡単に脱着可能(写真は外した状態)。





クルマへの積載を考慮して採用したとのことです。


サイズは460mmと520mm、重量9.7kg、税込90,300円です。


最後に「SWALLOW cycle」(CCL)。アラヤと言えば「ツバメ自転車」のニックネームで知られていたわけですが、それをそのままモデル名にしています。こちらのモデルは、京阪神地区を中心に配布されている季刊のフリーペーパー「cycle」とのコラボレーションモデルで、メインターゲットは身長160cm未満の女性。フレームはクロモリで、26インチホイールとシマノの内装3段変速を組み合わせました。


フレームサイズは370mmと440mm。こちらは440mm。





そして370mm。370mmサイズは身長150cm未満から対応します。





ツバメのマークがいたることろに。





よく見るとピラーにもレーザー刻印されています。





「ツバメ自転車」のロゴも見えます。





クランクにもツバメがいますが、このクランク、小柄な人に合わせて152mmというショートサイズが採用されています。





クロモリフレームと内装3段変速ですが、サイズが小さいこともあって重量は10.8kgと軽量です。これなら軽快な街乗りが楽しめそうです。


価格は税込52,500円。「小柄な女性がターゲット」と書きましたが、かといって女性に特化しているわけでもないので、小柄な男性の街乗り自転車としても良いでしょう。


(Gen SUGAI)










Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like