自転車から排気音?「ターボスポーク」

パソコン周辺機器等でおなじみ、あのセンチュリーのオンラインショップ「白箱.com」に、自転車でオフロードバイクの雰囲気が味わえるという、なんともイカし(れ)た製品が登場しました。


自転車がオフロードバイクの排気音…電源不要のギミック | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)

センチュリーは、「白箱.com」で、自転車でオフロードバイクのような排気音が楽しめるユニークなアイテム『ターボスポーク』の予約販売を開始した。

新製品は自転車でオフロードバイクのような排気音を楽しめるマフラー型の自転車アクセサリー。自転車のフレーム部分に固定するクランプと、排気音を演出するエキゾーストパイプで構成し、クランプ部分に付属の“排気音カード”を装着して使用する。

動画が有りました。



もういちどレスポンス自動車ニュースの記事に戻りますと、

排気音を演出するギミックとしては、カードと自転車のスポークを接触させることにより音を発生させ、その音をエキゾーストパイプで響かせて排気音を演出する。電源は不要で、タイヤの回転数に応じて排気音が出る。

ということなので、高級なホイールで使うのはやめましょうね(笑)


価格は1,980円(税込)です。


ターボスポーク(TURBOSPOKE) | おもしろ雑貨・小物 | おもちゃ・ホビー&ミュージック | 白箱.com(sirobako.com)


(須貝弦)


Jitensyagaku_weekendver





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです