MASI 2011年モデルWebサイト公開

東商会さんが取り扱う「MASI」の2011年モデルが、同社Webで公開されていました。


東商会 | MASI


110104_masi_001


MASIはファリエロ・マジィがイタリアで1949年に立ち上げたブランドですが、一度アメリカに進出し、そのアメリカで暖簾わけされたような状態になった後に(正確な経緯はわかりかねるのですが)現在ではHAROがブランドを所有しています。一方イタリアでもファリエロ・マジィの息子のアルベルト・マジィが工房を維持しているので「2つのMASI」があるわけです。ちなみにアルベルト・マジィといえどもアメリカではMASIというブランド名を使えず「Milano 3V」を名乗っていたりするのですけれど。


Masi Bicycles – Wikipedia, the free encyclopedia

History : Masi Bikes


日本では、HAROのMASIを「アメリカMASI」、イタリアのMASIを「イタリアMASI」とか「MASI Italy」と呼んだりしています。東商会さんが取り扱っているのはアメリカMASI、アートスポーツが取り扱っているのがMASI Italyというわけです(ちなみにアートスポーツさんでは“マージ”ですね)。


前置きが長くなりましたが、今回紹介するのは冒頭に書きましたように、東商会さんの扱う「MASI」です。いろいろ書きましたが、近年、個人的には結構気になっているブランドのひとつです(ブランドの変遷や紆余曲折は“そういうもんだ”と思っていれば気にしないタイプなので……)。


ラインアップの中核をなすのは比較的安価なスチールフレームのロードバイクと、シングルスピードです。


「SPECIALE」(税込147,000円)は、クラシカルなイメージと現代的なイメージがミックスされたロードバイク。コンポはティアグラです。


110104_masi_speciale

「SPECIALE CX UNO」(税込94,500円)は、スチールフレームのシクロクロス風ツーリング車。


110104_masi_spe_cx_uno

「SPECIALE FIXED LTD FLAT」(94,500円)は、スチールの生地の上にクリアー塗装を施したフレームが特徴のシングルスピードモデル。チューブはReynolds 525。パーツは(アメリカ)MASIの兄弟ブランドである「BREV.M」のものを多用しています。


110104_masi_spefix_ltd_flat

MASI 2011年モデルの詳しいスペックは、東商会トップページから「e-Catalog」と書いてるところをクリックすると確認できます(要Flash)。


(須貝弦)


Koza







Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like