エイムック「ロードバイクインプレッション2010」

エイ出版社から、毎年恒例のロードバイクインプレ本「ロードバイクインプレッション2010」が発売となりました。


100124_ei_roadbike

巻頭の12台ではゲストインプレライダーに先代・自転車名人の鶴見辰吾氏を迎えています。


以下、大まかな目次です。


巻頭特集
鶴見辰吾が2010年の注目モデルをインプレッション

注目のロードバイクを一気乗り



メジャーブランドの最新モデルが一堂に会する

ハイエンドロードバイク インプレッション



バリュー・フォー・プライスな1台を見つけよう

エントリー&ミドルクラス

ロードバイク インプレッション



総論:2010年抑えておきたいトレンド



あのジャーナリストたちが最新トレンドを語る

菊池武洋・細沼達男・山本健一

ロードバイク座談会



スモールサイズ ロードバイクインプレッション



ローラーコースター・ライド

別府史之 インタビュー

読んでいて個人的には、エディメルクスのEMX-1が欲しくなりました。物欲が刺激されてやばい一冊です。1/21発売済みで、価格は1,500円+税となっております。


「ロードバイクインプレッション2010」の情報はコチラ


(須貝弦)









須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです