カーボンピラーのずり下がり対策に「Tacx カーボンアッセンブリーコンパウンド」

最近のロードバイクには、中級グレードくらいからカーボンピラーが付いていることが多いですよね。でも、カーボンのピラーって結構「ずり下がって」くるんです。走っているうちに「あれ、なんだかヒザが窮屈だな」と思ったら、サドルが5mm下がってた……とか。

そこでオススメするのが表題にもあるとおり「Tacx カーボンアッセンブリーコンパウンド」です。

カーボンパーツ組み付け用コンパウンド。配合されるカーボンチップが摩擦を生み固定力を確実にUP。ボルトの締め込み過ぎによるパーツのダメージを軽減します。

情報源: INTERMAX

ということで、これをピラーに塗ることで、確実にカーボンピラーを固定できるようになります。カーボン製のパーツは締めすぎると割れてしまいます。ピラーのずり下がりに悩む人は、恐怖と戦いながら「もうちょっと締められるだろうか」とアーレンキーを握りしめるわけですけど、このカーボンアッセンブリーペーストがあればその必要もありません。

類似商品としては、FINISH LINEの「ファイバーグリップ」があります。私がお世話になっているプロショップの店員さんは、どちらの製品も「カーボンパーツを規定トルクで確実に固定できる」と高く評価していました。

カーボンファイバー素材表面の摩擦係数を上げ、クランプの締め過ぎによるカーボン パーツの疲労や内部亀裂を防ぎます。

情報源: FINISH LINE

カーボンピラーのずり下がりに悩んでいる方は、検討されてみてはいかがでしょうか。

(Gen SUGAI)

[2017/4/18 最新の内容にアップデートしました]



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like