ROCKBIKES 第2章(4)- 東の拠点「ROCKBIKES HARAJUKU」と、特別な1台を実現する「BESPOKE」【PR】

「自転車のあるカッコいい人生」を追求し、一般的なスポーツサイクルメーカーとは大きく異なる文脈の上に成り立っているROCKBIKES。その直営店が原宿にオープンするとともに、自分だけのバイクを手に入れるための新たなプログラムを始めた。

もっと読む

ROCKBIKES 第2章(3)-旧態依然とした体質を変えていくものづくりとニューモデル「ENIGMA」【PR】

常に「カッコよくありたい」と考えてるROCKBIKES(ロックバイクス)が、最近矢継ぎ早にニューモデルを投入している。それらすべてを設計しているのが、NYC代表の西山直人氏。「第2章に入った」というROCKBIKESのバイクづくりについて話を聞いた。

もっと読む

ROCKBIKES 第2章(2)-自転車のある、ロマンチックな人生を——ROCKBIKESが「場所」にこだわる理由【PR】

「“カッコいい”は世界を前に進めるし、社会問題をいくつか解決できる。良い自転車を作ることだけに満足せず、自転車と世界の新しい関係を構築したい」と話す、ROCKBIKES。自転車を作って売るだけでは満足できず、いよいよ本気で「場」を作り始めた。

もっと読む

ROCKBIKESの世界観と製品の魅力、そのすべてがわかるコンセプトストア「K&M CYCLE 南船場店」【PR】

2015年9月、大阪の中心部である南船場にROCKBIKESのコンセプトストアがオープンしました。店舗の運営を手がけるのは、大阪に2店舗を構えてきたK&M CYCLE。ストリートのための自転車を手がけるROCKBIKESと、レースやスポーツだけではない自転車の楽しさを提案してきたK&M CYCLEによる、新しい試みです。

もっと読む

ROCKBIKESが考える新しいクロモリロードのカタチ。ENVYを進化させ質感を高めた「FORTUNE」と名もなきコンセプトモデルについて。【PR】

ストリートを強く意識して「最高にカッコイイ自転車を製作する」という明確なコンセプトのもとに製品を送り出している「ROCKBIKES(ロックバイクス)」。立ち上がって年数の浅いブランドではありますが、そのスタイルと性能に、今多くの人が注目しています。

もっと読む

見た目は硬派だけど実はユーザー想いなストリートバイク——K&M CYCLEがROCKBIKESに惚れ込む理由と「PRIDE Phase2」ドロップ化カスタム実例【PR】

【ROCKBIKES × CyclingEX タイアップコンテンツ】 日本のストリートにマッチしたバイクを次々と送り出す、2012年に設立された新興ブランド「ROCKBIKES(ロックバイクス)」を紹介するシリーズの第2[…]

もっと読む