1台で誰にでも、どんな用途にも合う「stijncycles Peg」

TIMEやORBEA等の代理店として知られる株式会社ポディウムの製品カタログやWebサイトを見ていると、見慣れない自転車が目につきました。しかし、そのブランド名には記憶がありました。ベルギーのフランダースで生まれたステイン・デフェルム氏が2007年に立ち上げた「stijncycles(ステインサイクルズ)」から、まったく新しい自転車が発売されたのです。

もっと読む

2018年ハンドメイドバイシクル展:5LINKSの700Cフォールディングバイク

2018年ハンドメイドバイシクル展のレポート第2弾。5LINKS(ファイブリンクス)のブースでは、開発中だという700Cのフォールディングバイクが展示されていました。 というわけで、フレームが折りたたまれた状態です。

もっと読む

BRI-CHAN:ブリヂストンの空気不要タイヤ「エアフリーコンセプト」搭載自転車を観察する

ブリヂストンとブリヂストンサイクルが、空気不要タイヤ&ホイール「Air Free Concept(エアフリーコンセプト)」の自転車での実用化を目指して開発中であることを、何度か記事で紹介しましたが、その実車をじっくりと観察した様子を「BRI-CHAN」に掲載しました。

もっと読む

東京モーターショー2017で見かけた自転車(3)YAMAHA YPJシリーズのMTB「YPJ-XC」

前回の東京モーターショーで電動アシストスポーツ車「YPJ」シリーズのMTBコンセプトを出展していた、ヤマハ発動機。今回はより具体化した「YPJ-XC」を出展。 保安部品が付いていると妙にリアル(モーターショーで、そこまで[…]

もっと読む

青山のRATIO &Cが空気不要タイヤ&ホイール「Air Free Concept」に試乗できるイベントを開催

ブリヂストンサイクルが東京・青山のコンセプトショップ「RATIO &C(レシオ・アンドシー)」において、同社と株式会社ブリヂストンが開発中の空気不要タイヤ&ホイール「Air Free Concept」を採用した自転車に試乗できるイベント「Air Free Concept × Bicycle Exhibition in RATIO &C」を開催中です。

もっと読む

2019年実用化を目指す:ブリヂストンとブリヂストンサイクルが次世代自転車タイヤ「エアフリーコンセプト」の開発を発表

株式会社ブリヂストンとブリヂストンサイクル株式会社は、タイヤの空気充填を不要とする技術「エアフリーコンセプト」実用化取り組みの一環として、自転車向け 次世代タイヤを開発、2019年の実用化を目指すと発表しています。

もっと読む

ロードバイクからベルトドライブのシティバイクまで対応可能な「FABIKE」

1本のフレームでロードバイクやシングルスピード、さらにはグラベルロードやベルトドライブまで、多彩なアッセンブルが可能だとしたら——いきなり言われてもピンと来ませんが、製品写真を見るといろいろなイメージが湧いてきます。

もっと読む