兵庫県播磨地域に70kmの自転車道が完成


兵庫県の播磨地域で整備されていた「播磨中央自転車道」の未整備区間が完成し、接続する他の自転車道とあわせて70kmの自転車道ができあがるそうです。

北播磨県民局は2014年度、播磨中央自転車道の加西・加古川市境にある未整備区間約800メートルを整備し、14年10月ごろに計13・9キロを開通させる。これにより、加古川・高砂両市を走る加古川右岸自転車道(22・5キロ)と接続。加古川右岸道は高砂市内で姫路明石自転車道(35キロ)と接続しており、播磨地域約70キロが自転車道でつながる。

引用元: 神戸新聞NEXT|社会|播磨地域の自転車道、70キロつながる 今秋.

以前Twitterでは紹介したのですが、明日11/1(土)にサイクルトレインイベントも開催されるそうです。ということは、もう走れるんですね。

11月1日(土)「神戸電鉄・北条鉄道サイクルトレイン&サイクリング」

播磨中央自転車道をはじめ各自転車道のマップは、兵庫県のWebサイトに掲載されています。

141031_harima_001

播磨中央自転車道のイラストマップ→PDF直リンク

兵庫県の大規模自転車道

引用元: 兵庫県/日常生活や地域を支える道路整備.

そのほかにも、各所に紹介コンテンツがありました。

姫路明石自転車道 – スポット情報.

加古川右岸自転車道 < か行 < 50音順 < 観光スポット案内|加古川観光協会.

YouTubeには加古川右岸自転車道の紹介動画が。

この手の自転車道の常で、一部自歩道(ようするに歩道)が指定されているところもあるようですが、おおむね、走りやすそうですね。

合計70kmということは、真ん中らへんからスタートして、上がって下がって戻ってくるだけでも100kmですから、ビギナーの方ががだんだんと長い距離にチャレンジしていくのにも、ちょうど良さそうですね。

(Gen SUGAI)