アクセスランキングとかで振り返る2017年

2017年も残すところ10日ですね。とはいえまだ10日残ってるわけなんですけど、2017年1月1日〜12月20までのアクセスランキングを紹介したり、今年を振り返ったりしてみたいと思います。

というわけで、第10位から順に上位10ページを紹介します(トップページを除く)。

●第10位 レーサーでもツーリング車でもないドロップハンドル車(タグアーカイブ)

タグアーカイブのページで、グラベルロードを意識したものでした。このタグアーカイブは2016年も人気で、2017年はPV自体は少し落ちましたが、個人的にもグラベルロードを購入していろいろ記事を掲載したこともあり、根強く?ランクイン。

リンク: レーサーでもツーリング車でもないドロップハンドル車 – CyclingEX

●第9位 ロードバイク2018年モデル(タグアーカイブ)

リンク: ロードバイク2018年モデル – CyclingEX

第9位もタグアーカイブのページで「ロードバイク2018年モデル」。その名のとおり、各社の2018年モデル情報のうち、ロードバイクについてまとめたタグです。

●第8位 2017年モデル版:10万〜15万〜20万円クラスのロードバイクを20台ピックアップしてみた

リンク: 2017年モデル版:10万〜15万〜20万円クラスのロードバイクを20台ピックアップしてみた – CyclingEX

こちらは2017年モデルについての記事。これからロードバイクを始めようと思っている多くの人にとっての現自治的な選択肢が、15万円前後のアルミバイクのようです。

●第7位 クロスバイク2018年モデル(タグアーカイブ)

リンク: クロスバイク2018年モデル – CyclingEX

第7位はクロスバイクの2018年モデルをまとめたタグアーカイブ。ロードバイクよりクロスバイクの方がページビューが多いのが、CyclingEXらしいといえば、らしい。

●第6位 あなたにおすすめのタイプがきっと見つかる!初心者のためのロードバイクの見分け方・選び方[2016-2017年版]

リンク: あなたにおすすめのタイプがきっと見つかる!初心者のためのロードバイクの見分け方・選び方[2016-2017年版] – CyclingEX

毎年恒例のロードバイクバイヤーズガイド記事が、7位にランクイン。ただし、今年はあまり検索上位を獲ることができず、期待したほどのPVではありませんでした。

●第5位 あなたにおすすめのクロスバイクはコレ!2017-2018年バイヤーズガイド

リンク: あなたにおすすめのクロスバイクはコレ!2017-2018年バイヤーズガイド – CyclingEX

クロスバイクのバイヤーズガイド記事。今年の8月に掲載した、2018年モデルを反映した記事です。

●第4位 クロスバイク定番対決!GIANT ESCAPE R3とBRIDGESTONE CYLVA F24を比較する

リンク: クロスバイク定番対決!GIANT ESCAPE R3とBRIDGESTONE CYLVA F24を比較する – CyclingEX

定番のクロスバイクを比較した、2016年の記事。その後どちらもマイナーチェンジをしましたが、基本的な考え方としては今でも通用するのかなと思います。

●第3位 各社2018年モデル(カテゴリーアーカイブ)

リンク: 各社2018年モデル – CyclingEX

こちらは、各メーカー・ブランドの2018年モデル情報をまとめたカテゴリーアーカイブのページです。

●第2位 [2016-2017年版]タイプ別おすすめクロスバイクはコレ! 注目モデル18台

リンク: [2016-2017年版]タイプ別おすすめクロスバイクはコレ! 注目モデル18台 – CyclingEX

2017年モデル版のクロスバイクバイヤーズガイド記事です。自転車業界が2018年モデルに切り替わり、こちらも2018年モデル版の記事を掲載してからも長いこと、こちらの記事が検索上位に出るのが悩ましいところです。

●第1位 2017年モデル版!初心者におすすめのクロスバイク(タグアーカイブ)

リンク: 2017年モデル版!初心者におすすめのクロスバイク – CyclingEX

こちらは、2017年モデルのクロスバイクの中でも、比較的リーズナブルな……というか、要するに高級なものを省いてタグ付けしたアーカイブです。こういったタグアーカイブが、不思議と検索経由で読まれるのですね。まさかの1位です。

ただ、こういったタイトル付けやタグ付けは、他のサイトにもだいぶ浸透しています。

情報源: レーサーでもツーリング車でもないドロップハンドル車 – CyclingEX

以上、2017年のアクセスランキングでした。

●個人的には10万円グラベルロードの今年後半

今年の6月にグラベルロードが欲しくなって、とりあえず早くかつ安価に入手できるという理由、そして個人的に「GT」が好きということもあり「GT GRADE ALLOY CLARIS」(2016年モデル)を購入しました。

安価なモデルなので、使用されているパーツの使い心地にはいろいろと不満もあるのですが、20〜30km程度のサイクリングなら「まあ、いいか」という感じで、想像していた以上に楽しめてしまっているのが現状です。

パーツのアップグレードやカスタムについていろいろ思いを巡らせるのですが、結局は「消耗して交換するときでいいや」「8速最高」といった心境です。

このGT GRADE ALLOYを使った動画シリーズも、思いの外好評でした。

●少し、方向性を見失う

2009年4月にスタートしたCyclingEX。8年以上経って、自転車の情報サイトや個人ブログも増え、モノの情報とユルいサイクリングに終始しているCyclingEXはどちらかというとエッジが立たない状況になり、かといってどうすればよいかもなかなか思い浮かばず、一方では展示会やニュースリリースに追われ、とくに今年の後半は惰性でやっている感もなきにしもあらず……でした。

また、ここ数年はおかげさまでバナー広告やタイアップ記事のお話もいただくことが多かったのですが、今年後半は大失速。また、今年はPVも大きく減少した1年でもありました。

●で、2018年は?

唐突ですが、やりたいことをやるのに躊躇している時間的余裕も実は無いんだと思うようになりまして、したがって、2018年はやりたいようにやろうと決めています。

「ところで皆さんに、相談がございまして」

(「なんでしょ?なんでしょ?」と聞いてください)

「YouTuberに、なりたい」

というわけでチャンネル登録お願いしま〜す!

……っていうのは冗談なんですけど(YouTubeチャンネルは本物なので、よろしければ登録お願いいたします)。

2018年のやりたいことというのは、実は自転車以外にもやりたいことがいくつかありまして「それらと自転車って絡められないかなぁ?」と考えてみたところ、なんかうまく絡められそうな気がしてきたので、そちらもやっていきたいと思います。

今年もおつきあいいただきありがとうございました。良い年末年始をおすごしください。

なお、年内の記事更新は27日頃まで行う予定です。

関連記事: あの名車から定番クロスバイクまで!アクセスランキングTOP10で振り返る2017年のBRI-CHAN – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like