BRIDGESTONE 2018年モデル:細部の質感がアップしたクロモリミニベロ「CHERO 20」

ブリヂストンサイクルが「BRIDGESTONE GREEN LABEL」と称して展開しているラインナップの中にある、クロモリフレームのミニベロ「CHERO 20(クエロ 20)」の2018年モデルが発表されています。

クロモリフレームと20インチのホイール、ヘッドチューブに取り付けられたシフトレバー、カンチブレーキ、クラシックテイストのパーツといった基本的な構成は従来通り。メインコンポーネントはリア8速のシマノ・クラリスで、フロントはシングルです。トップチューブに貼ってあったレザー調のバッヂはなくなりました。

新たに5アームのクランクが採用され、ギアガード(チェーンリングカバー)もアルミ製となったことで、質感が向上しています。

従来モデルはクランク周りの安っぽさが隠せなかったのですが、2018年モデルは見た目のバランス的にも良くなりました。

細かいことですが、標準添付される電池式のヘッドライトが、従来よりも明るいモデルに変更されています。カラーも艶ありのシルバーとなり、ステムやシートポストがシルバーで統一されてるCHEROにぴったり。

フレームサイズは450mmと510mmの2種類で、重量はそれぞれ11.0kgと11.4kg。重量は『標準装備品(ランプ、ベル、前後リフレクター、ホイールリフレクター)250gを含む』とのことなので、なかなか軽いんですね。カラーは、E.Xビターブラウン、E.XHブルーグレー、E.Xコバルトグリーンの3種類です。

価格は55,800円(税別)となっています。

リンク: クエロ | ブリヂストン グリーンレーベル

関連記事: 都会のローカル線が結ぶ、工業地帯の秘境駅を巡る。 – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like