BRI-CHAN:ブリヂストンの空気不要タイヤ「エアフリーコンセプト」搭載自転車を観察する

ブリヂストンとブリヂストンサイクルが、空気不要タイヤ&ホイール「Air Free Concept(エアフリーコンセプト)」の自転車での実用化を目指して開発中であることを、何度か記事で紹介しましたが、その実車をじっくりと観察した様子を「BRI-CHAN」に掲載しました。

現在、ブリヂストンサイクルのコンセプトショップ「RATIO &C(レシオ・アンドシー)」において、「Air Free Concept × Bicycle Exhibition in RATIO &C」と題したイベントが実施されているので、それを取材させてもらいました。

ちょっとしたスペースではありますが、屋外でまたがって行き来することもできます。

赤いところが、路面からのショックや乗り手の体重を支え、空気不要でも快適な乗り心地を実現しています。

実は、乗ってしまうと「ふつう」なんですよね。それだけの完成度がすでにある、ということなのでしょう。構造上の弱点もあって、さまざまな車種で展開するには課題もあるようですが、写真のミニサイクル(同社の「VEGAS」がベース)であれば、違和感はないです。

詳しくは「BRI-CHAN」の記事をご覧いただければ幸いです。

株式会社ブリヂストンが開発している、タイヤの空気充填が不要な「エアフリーコンセプト(非空気入りタイヤ)」。小型EV等でテストされてきたこの新時代のタイヤが今、自転車に採用されようとしています。

関連記事: 空気不要でパンクしない!あたらしい自転車タイヤ「エアフリーコンセプト」 – BRI-CHAN

タグアーカイブ: Air Free Concept – CyclingEX

●BRI-CHANとは
日本を代表する自転車メーカー・ブリヂストンサイクルのファンサイトとして、2016年1月よりスタート。CyclingEXが編集部(チーフブロガー)として参加しています。
リンク: BRI-CHAN – bridgestone greenlabel fan channel「ブリチャン」

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like