マジョーラアンドロメダのBRIDGESTONE ANCHOR「RNC7」

ブリヂストンサイクルのレーシングブランド「ANCHOR(アンカー)」のラインナップの中でも、長期に渡って人気を維持しているクロモリフレームのロードバイク「RNC7」。今回紹介するのは、マジョーラアンドロメダに塗られた1台です。

多くのモデルでカラーオーダーが可能なアンカーのバイク。独特の形状を見せるネオコット・クロモリフレームのRNC7に、見る角度や光線状態によって表情を変えるマジョーラカラーを選択すれば、眺めていても楽しいロードバイクになります。

サイクリングの休憩中にふとバイクを眺めても、その瞬間瞬間で見え方が違うのですから。

オーダーカラーの場合、グロス仕上げと2種類のマット仕上げを選ぶことができます。グロス仕上げだと、フレームへの映り込みがその独特な形状をより一層強調されるように思います。

このRNC7のオーナーは、お花屋さん。休みの日のロングライドを、このRNC7で楽しまれているそうです。

山内輪店は、アンカー カラーオーダーシステムのカラーサンプル設置店。フィッティングシステムも導入されています。

画像提供および記事協力: 山内輪店

リンク: ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor

関連記事: BRIDGESTONE ANCHOR RNC7 (MAZIORA Andromeda) – japan.cycling-ex.com

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like