le coq sportifとBIORACERがコラボした秋冬物ビブタイツが登場

le coq sportif(ルコックスポルティフ)が、ベルギー生まれのサイクルウェアブランド「BIORACER(ビオレーサー)」とコラボレーションしたビブタイツ等を発表しています。

バイクフィッティングシステムからスタートし、現在は「勝つためのサイクルウェア」を作るBIORACER。そのウェアは多くのプロ選手から信頼されています。BIORACERのウェアはカスタムオーダー、つまりチームジャージとして制作するのが基本でしたが、今回、伝統あるle coq sportifとのコラボレーションにより、手軽に入手しその性能を体感できるようになりました。

まずは、秋冬物ビブタイツの上位モデルと、ベーシックなタイツの2モデルからスタート。素材、パターン、そしてパッドにこだわった、両社の自信作です。

●テンペストビブタイツ

ペダリングを邪魔しないストレッチ感とパターンを採用した、保温性のあるビブタイツ。足首にはループ付き。BIORACERが絶対の自信をもつパッドも備えます。

0℃~5℃対応
サイズ:S/M/L/O
価格:29,000円(税別)

●テンプコントロールタイツ

秋〜冬の肌寒い季節に活躍する、ベーシックなタイプのタイツ。ペダリングを妨げず、お尻が痛くなりにくい着用感で、初めて冬を迎えるビギナーにもぴったりです。

10℃~15℃対応
サイズ:S/M/L/O
価格:18,000円(税別)

どちらの製品も、ブラックにロゴが入ったシンプルなデザインなので、どんなウェアとも合わせることができます。

コラボレーション製品の特徴をまとめたWebサイトがあるので、詳しくはそちらをどうぞ。

リンク: LCS&BIORACER – le coq sportif [ルコックスポルティフ]

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like