Tern 2018年モデル:攻撃的なルックスが魅力のROJI BIKES「SURGE」シリーズ

Tern(ターン)のセカンドラインであるROJI BIKESから、2018年モデルの「SURGE」シリーズを紹介します。

●SURGE

ETRTO 451サイズのミニベロながら、ホリゾンタルかつエアロっぽいフレームデザインが特徴です。

しかしそのフレーム設計は乗り降りのしやすさや安定したハンドリングに配慮しており、街乗りからサイクリングまで、乗りやすい、使いやすいミニベロに仕上がっています。

いちばんの魅力は、やはり見た目でしょうか。

眺めていて楽しいというのも、大事ですね。

メインコンポーネントは、シマノ・クラリスです。

フレームサイズは460mmと500mmを用意。価格は、シルクポリッシュカラーが92,000円(税別)、その他のカラーが89,000円(税別)です。

オプションのカーボンバトンホイールを装着すると、こんな感じです。

●SURGE PRO

SURGEの上位モデルで、パーツのグレードが上がっている「SURGE PRO」。

手前のバイクに装着されているカーボンバトンホイールは、オプションです。

SURGE PROではカーボンフォークが採用されています。

標準のホイールはこちら、Kinetixのエアロホイールです。

メインコンポーネントは、シマノ・ティアグラ。

オプションとして設定されている、kitt designのカーボンバトンホイールを装着した状態。

足回りが引き締まりますね。

フレームサイズは470と520(ベーシックモデルと異なる展開)、価格は159,000円(税別)です。

そしてカスタム派にはうれしいフレームセットがあり、そちらは98,000円(税別)となっています。

リンク: Tern Bicycles Japan ターン バイシクルズ ジャパン

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like