GIANT 2018年モデル:9.9kgと軽量なクロスバイク「CROSTAR」

GIANT(ジャイアント)の2018年モデルから、軽量クロスバイク「CROSTAR(クロスター)」を紹介します。

GIANTのクロスバイクといえば、軽快な走りが楽しめる「ESCAPE R3」と、ロードバイクに肉薄するスポーツ性能を誇る「ESCAPE RX」シリーズが知られています。

そしてこのCROSTARは、ESCAPE R3よりも軽く、キレのある走りを実現し、かつリーズナブルなクロスバイクという位置付けです。上体が起きて乗りやすい設計や、700×28Cと細めのタイヤを採用している点は、ESCAPE R3と共通しています。

価格が近いESCAPE R3と比較すると、角断面形状のアルミチューブが特徴。フロントフォークもアルミ製となっています(R3はクロモリフォーク)。

フレームに使われるアルミ素材のグレードはESCAPE R3と同じですが、R3が重量10.7kg(Sサイズ)なのに対して、CROSTARは9.9kg(465mm、S)と軽量です。

メインコンポーネントはシマノ・アセラ他。前3段×後ろ8段の24段変速です。

カラーは2種類。

さわやかな「ホワイト」。

オレンジのアクセントが入る「ブラック」です。

サイズは430mm(XS)、465mm(S)、500mm(M)の3種類。価格は54,000円(税別)となっています。

ESCAPE R3は、価格が50,000円(税別)、重量は10.7kg(Sサイズ)。フレーム素材、変速段数、タイヤの太さ、乗車姿勢は同じです。軽量でアルミフォークを採用したCROSTARのほうが「走りのキレ」をアピールしており、ESCAPE R3とRXシリーズの間に立つモデルとも言えるでしょう。

これだけ多くの選択肢を用意できるのは、さすがGIANTです。

関連記事: GIANTが定番クロスバイク「ESCAPE R3」の2018モデルを発表 – CyclingEX

関連記事: GIANTが本格スポーツ性能をもつクロスバイク「ESCAPE RX」シリーズの2018年モデルを発表 – CyclingEX

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like