BRI-CHAN:実は旧街道だった

サイクリングの際に、交通量の多い大通りではなく、ついつい裏道を選んでしまう人は少なくないはずです。そうやって裏道を通っているとき「なんだかこの道、趣があるな……」と感じることはありませんか?

photo_@nadokazu

古い建物が多くて、メインストリートからは1本裏に入るのに、商店(廃業したものも含む)が立ち並んでいたり……。

photo_@nadokazu

実は、国道や街道に並行する裏道は、旧国道・旧街道であることが多いのですよね。

というわけで今週の「BRI-CHAN」は、@nadokazuさんがブリヂストンのミニベロ「CHeRO 20」で横浜・鶴見あたりの旧東海道を紹介します。実は今回登場するルート、私も旧東海道とは意識せずに、なんとなく通っていたことのある道でした。

詳しくは、BRI-CHANでごらんください。

関連記事: いつも走っていた近所の裏道は、東海道の旧道でした。 – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like