KONA 2018年モデル:ROVEシリーズのスチールモデル「ROVE ST」と「ROVE LTD」

KONA(コナ)の2018年モデルから、アドベンチャー系ツーリングロード「ROVE」シリーズのスチールモデル「ROVE ST」と「ROVE LTD」を紹介します。前回のアルミモデルはコチラ

●ROVE ST

2017年モデルでもラインナップにあった、クロモリフレームのROVE。

2018年モデルはマットなグレーで登場です。

メインコンポーネントはSRAM RIVAL 1を採用、ダウンチューブ下側にもボトルケージ台座を備えている点などは、2017年モデルと同じ。

新たにスルーアクスルが採用されています。

クロモリのフロントフォークも、スルーアクスル仕様。

変わっていないようで、しっかりアップデートされているのでした。

サイズ展開は、48、50、52、54の4種類。価格は165,000円(税別)です。

●ROVE LTD

こちらの「ROVE LTD」は、REYNOLDS 853チューブを採用した上位モデルです。

前回紹介した「ROVE NRB DL」と同様に、ホイールは650Bロードプラス。

650×47Cという太いタイヤを履いた姿は、ちょっとかわいらしくもあるような?

フロントフォークはフルカーボンで、もちろんスルーアクスル仕様。油圧ディスクブレーキを装備します。

フレームのチューブは先述のとおりREYNOLDS 853。

メインコンポーネントは、1×11のSRAM FORCE 1です。リアもスルーアクスル仕様となっています。

ダウンチューブ下側にも備わる、ボトルケージ台座。

サイズ展開は、48、50、52、54の4種類で、48〜52についてはフレームセットの取り扱いもあります。

価格は、完成車が386,000円(税別)、フレームセットが118,000円(税別)となっています。

リンク: KONAWORLD | カナダノースショアのMTBブランドKONA

※本稿執筆段階では2018年モデル未掲載

関連記事: KONA 2018年モデル:ROVEシリーズのアルミモデル「ROVE」と650B採用の「ROVE NRB DL」 – CyclingEX

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like